専門学校の選び方

歯科衛生士の養成課程が用意されている専門学校を選ぶ上で見るべきポイントは、国家試験対策のされ方と国家試験の合格率そして就職率の3点です。歯科衛生士になるためには、まずは国家資格の取得が先決となりますので、働く以前の問題として、国家試験の突破率を重要視しておいた方が良いでしょう。授業のカリキュラムを見て、実習環境や受験対策の内容、その他の一般教養についてカバーされているか否かといった点を考慮して、自身に合っていると思われる学校を選んでみてください。

専門学校この他の選び方としては、学校への通いやすさを考慮するという方法も考えられます。自宅の近くの学校を選べば自宅からでも通うことができます。あるいは逆に一人暮らしを体験してみたいという理由で離れた学校を選ぶのも良いでしょう。もしくは就職する時のことについても考えてみても良いかもしれません。学校の近くの歯科などでは、その学校の生徒を選ぶという傾向にありますので、将来住んでみたい地域から逆算して学校選びを進めるということも考えられます。Iターン、Uターンでの就職なども考慮した上で、自分の望む条件を絞り込み、自分に合った学校選びを進めてみてはいかがでしょうか。